SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSSDGsへの取り組み

HOME > SDGsへの取り組み
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

今、世界は貧困、飢餓、人権問題、エネルギー問題、気候変動、格差など、発展途上国、先進国に関わらず、極めて多くの課題に直面しています。こうした地球規模の問題に立ち向かうため、2015年9月に国連で『 SDGs 』が採択されました。

ヤマモトホールディングスでは、地域社会に必要とされるため、次世代のため、環境のために、環境のこと、社会のこと、子供たちのことを考えて何をすべきか、あるべき姿に向かって取り組んでいます。
長期ビジョンを踏まえて、今何をすべきかを考え活動しています。

みつばちプロジェクト

みつばちプロジェクト みつばちプロジェクト
住み続けられるまちづくりを 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさを守ろう

私たちは、自然環境にも目と意識を向け、取り組む企業体質でありたい。これを実行し目に見える活動として、「京都みつばちプロジェクト」に取り組んでいます。
第3期の今年は、昨年度の経験を生かしミツバチたちが健康で夏秋を過ごし、「越冬をすること」、そして昨年に負けず劣らずの高い糖度のハチミツを取ることを目標に、各部署の仲間と共にプロジェクトメンバー一同頑張っていきます。

出前環境学習

出前環境学習 出前環境学習
質の高い教育をみんなに 気候変動に具体的な対策を 陸の豊かさを守ろう

子供たちにリサイクルや環境意識を。

環境やリサイクル意識に対して関心をより深く持って頂くために、小学校などの教育機関や公共施設へ伺い、環境に関するお話や、デモンストレーションを行っております。

京都はあとふる企業に認定

京都はあとふる企業に認定 京都はあとふる企業に認定
すべての人に健康を福祉を 働きがいも経済成長も 人と国の不平等をなくそう

障がいのある方を積極的に雇用

他社の視察を通じて、障がいを持つ方々が生き生きと働く姿を見て感動しました。そこではそれぞれの障がい者の方々が、得意な分野を生かして仕事をする意義を感じ、弊社でも是非取り組むべきと考えました。
社会的責任を果たすと共に、障がい者の方との分け隔てない生活・成長ができる社会を目的としております。

子供たちのスポーツ育成支援

子供たちのスポーツ育成支援 子供たちのスポーツ育成支援
質の高い教育をみんなに

少年ラグビー、少年野球、少年空手を応援しています。

これからの日本を担う子供たちの健全育成を支援するため、少年ラグビー・少年野球への活動支援、少年空手大会への協賛など頑張る子供たちを応援しています。

JICA 海外視察団来社

JICA 海外視察団来社 JICA 海外視察団来社
産業と技術革新の基盤をつくろう 人と国の不平等をなくそう 気候変動に具体的な対策を

国際協力機構「JICA」の海外視察団の皆さんが、当社KCC京都クリアセンターに見学にご来社されました。今回は、アンゴラ、モザンビーク、ブラジルの三ヶ国から10名の方がお越しになり、産業廃棄物中間処理についてご説明しました。何より皆さん積極的に質問をいただき、時にはディスカッションをし、ほど熱心にご参加いただけると、我々も熱が入ります。
今後も多くの海外の方に日本の環境ビジネスについて知っていただき、地球環境保全に取り組んでいきます。

ぬいぐるみプロジェクト

ぬいぐるみプロジェクト ぬいぐるみプロジェクト
貧困をなくそう 人と国の不平等をなくそう

京丹波ウエス事業部には古着と共に、たくさんのぬいぐるみが集まって来ます。こうしたぬいぐるみを、途上国でぬいぐるみを手にすることが少ない子供たちへプレゼントする取り組み。普段は出会えないたくさんの笑顔に出会うことができました。今後も所属団体と連携しながら、行って参ります。

山本清掃はおかげさまで70周年 Thank you
60周年記念ムービー
株式会社ヤマモトホールディングス
ページの先頭へもどる
Copyright © 2010 産業廃棄物収集運搬処分業 京都・山本清掃. All Rights Reserved.